本田健さんが『happy money』で伝えたい3つのこと

オススメ本

こんにちは!

応援している本田健さんの新刊『happy money』を読んだので、

さくっと紹介します。

 

今回、アメリカ・イギリス・オーストラリアで発売された英語の本を、翻訳したのが本書。

Ken Honda(著) 本田健(訳)って、珍しいですw

翻訳本だけあり、これまでの本田健さんの言い回しとは、微妙に異なる部分も散見。

 

とはいえ、「お金と幸せ」の専門家の集大成!

ともいえる1冊に仕上がっています。

で、この本で健さんが伝えたいのは、きっとこの3つなんじゃ?

と思うので、ポイントを紹介しますね。

1)世の中には、Happy Money と Unhappy Money がある

まえがきにある、健さんのエピソード。
財布を見せてくれ、といった女性がチェックしていたのは「お札の表情」

人が罪悪感や怒り、悲しみなどを感じながら支払ったお金は「泣いている」
愛情や感謝の気持ち、幸せな気分で支払ったお金は「にっこり笑い」「声をたてて笑う」こともあるそうです。

幸せや愛を振りまくお金 = Happy Money

悲しみや恐怖を振りまくお金 = Unhappy Money

 

の2つがある、というのは、

どんな人にもわかりやすいのではないでしょうか?

この本を読むことで、これまでの生活の中で、どれがHappy Moneyで、どれがUnhappy Money だったのかを、自然と考えることになると思います。そして、やっぱHappy Money が良いよな、と感じると思うのです。

それこそが、この本がはじめに伝えたいことだと思います。

2)Unhappy Money は Happy Money に変えられる

先ほど、世の中には
「Happy Money とUnhappy Money がある」と紹介しました。

Happy Moneyはいいとして、

今あるUnhappy Moneyはとうしたらいいのか?

そう思う人も多いのではないかと思います。

その答えがこれ。
そう、Happy Moneyに変えられるのです。

問題はその方法。
難しかったら、あまり現時点ではないですからね。

健さんが書いている方法は、とても簡単。

「心から感謝する」それだけなのです。

これだと、ちょっとわかりにくいかもしれないので
健さんが、動画などで話している内容から補足すると、

お金を受け取る時に「ありがとう」
お金を支払う時も「ありがとう」

と心から感謝する、ということです。

ちなみに、Unhappy Money を Happy Money に変える、
ということを、アメリカで説明したとき、

「ハッピーマネーロンダリング」

という言葉で説明したら、大うけだったそうです。
アメリカ人、こういうの好きそうですよね。

そして、この2つを受けて、最後のポンントがこれ

3)世界中の Happy Money はどんどん増やせる!

本書の中に、あまり直接的に書かれていませんが、
私たち一人ひとりの選択で、Unhappy Money を
Happy Money に変え続けていけば、世界中に
Happy Money が増え続けることになります。

Happy Money は愛と感謝を運ぶお金。

お金をもらうとき、払うときに、
今よりもっと感謝できるように
なったとしたら、どうなるでしょうか?

きっと、この世界から、争いごとが、
減っていくと思います。

健さんが、祈りを込めてこの本を書いた、
というのは、そのことなのかなぁ、
と思っています。

今は、税金を払う時「感謝感謝」
とは100%思えない時もあります。

でも、少しづつでも、感謝の回数は
増えているかな?

この本を読んだ人が、
それぞれの決断で、
Happy Money を増やしていったら、

「血税」
とか、
「ぼったくり」

みたいな言葉も、無くなっていくと思います。

そんな未来の世界、見てみたいと思いませんか?

 

 

というわけで、ちょっとでも良いなと
思った方は、ぜひ読んでみてください。

『一瞬で人生を変えるお金の秘密 Happy Money』

そうそう、アイウエオフィスのサイトで、
約30ページ無料で読めますよ!

 

コメント