デジタル化が押し進める「越境転職」とは?

変わらない仕事

越境転職って言葉を、知っていますか?

耳慣れない言葉、
という人も多いのではないかと思いますが、
簡単に言うと、

それまで仕事をしていた業界と、
全く違う業界に転職すること、
です。

今回、日経新聞で取り上げられていた、
この「越境転職」について考えてみます。

リクルートキャリアの調査によると、
2009年と2017年では、転職は2.07倍に増えています。

それが、異業種への転職だと、2.98倍になっているとのこと。
転職そのものが増えている中で、
「越境転職」がより増えていると
言えるでしょう。

「越境転職」の実態はどうか?

エン・ジャパンが仲介した約7,000人の
転職データの分析によると、人材の流出入が特に多いのは、
IT、通信業種とのこと。

日経の記事でも、
ITから小売り業種への転職の例が出ています。
また、先日テレビで見た事例では、
水産の卸業者から寿司業界への転職(ヘッドハント)も
ありました。

私自身も、 ITから異業種への転職組ですが、
専門分野に精通していたり、
どこをシステム化したら良いか?
などが分かる人材は、求められる傾向が
高いと感じています。

どんな会社にも ITが必須になってきています。
また、どんどん新しい技術が出てきて、
それに携わる人材が、
会社にとって不可欠になって来ているのも、
ITが越境転職の中心になっている理由でしょう。

自社のサイトを持ち、
メールでの問い合わせを受付したりするのは当たり前。
YouTubeに動画をアップしたり、
FBページを作って運用、
プログやTwitter、LINE@など、
どんどん新しいサービスに対応する必要が出てきます。
いずれは、AIに対応するための部署も必要になる
かもしれません。

また、経理などもIT化が進んでいたり、
顧客情報の管理、分析や、受注、発注も
ITの知識が欠かせなくなっています。
もちろん、作業のスケジューリングもシステム化され、
社内に共有されているところも多いはずです。
営業、マーケティングは言わずもがか、
といったところでしよう。

では、若い人のほうが有利なのかというと、
実はそんなことは無い、と言うのが個人的な意見です。

現在のシステム開発や、サイト制作においては、
動画編集や画像作成も含め、まだまだ PCが中心。
学生時代からスマホを使ってきた世代は、
PC文化に戸惑い、即戦力にならないケースを、
実際に見てきました。

大切なのは、
・自分の専門分野で実績を出していること
・どんな人とでも、仕事が出来る事
この2つだと思います。

もし、いずれ転職を考えているとしたら、
まずは、自分の専門分野をとことん極めていくことを
意識してみてください。

もしくは、これから出てくる可能性のある、
全く新しい仕事を見据え、学んでおく、
ということもアリだと思いますよ。

あなたの未来の仕事がどうなるか?

想像しながら、備えていきましょう。

コメント